乾燥肌について

乾燥肌の悩み

お肌に悩みを抱える女性は多いと思いますが、風が冷たく、お部屋でも暖房などを使用することが多い秋~冬にかけては特に乾燥肌に悩まされているという人が多いようです。

もっとも、最近は夏場でもエアコンの使用などによって肌が乾燥し、一年中乾燥肌という人もいるようですが…。

乾燥肌とは、その名の通り、肌が乾燥してしまっている状態であることを指します。
皮脂分泌量が減り、角質に含まれる水分量も低下している状態のお肌が一般的に言われる「乾燥肌」の状態です。

通常、肌の潤いというのは身体の内側と大気中の水分によって補給され、皮脂や角質細胞間脂質と呼ばれる物質によって水分量が保たれているのですが、このバランスが崩れてしまうと、肌が乾燥し、カサカサになってしまうというわけです。

ひどい場合には、肌に粉がふいたような状態になってしまったり、ひび割れのような状態になってしまうこともあるようです。

また、年齢や環境の変化のほか、腎不全や粘液水腫、栄養障害といった病気が原因で発生してしまう場合もあります。

 

乾燥肌の原因

潤いがなくカサカサとした乾燥肌は、肌触りや見た目が悪いだけでなく、柔軟性もなくなっているために非常に傷つきやすい状態となっています。
そのため、乾燥肌というよりも敏感肌として扱われる場合も少なくありません。

また、潤いを保つために必要な皮脂の分泌量は身体の部位によっても異なってくるため、皮脂腺の多いおでこや鼻は問題ないのに、皮脂腺の少ない目元や口元だけがカサカサしているという乾燥肌とオイリー肌(もしくは通常肌)がミックスした混合肌と呼ばれる肌タイプの人もいます。

肌の潤いが失われる乾燥肌の原因は、環境や生活習慣に影響を受けることが多いのですが、食事などが原因で起こっている場合もあるといいます。

乾燥肌の人は、人一倍スキンケアでの潤い補給を必要としますが、スキンケアだけでなく、自身のライフスタイルなどもしっかりと見直してあげることが重要なのです。